子どもの世界を広げる絵本の選び方!

いろんな絵本を選べば良いわけじゃない

こんばんは!

BOOKコミュニケーションの島袋たえです(^^)

 

読み聞かせをしている方のお話を聞くと、

サイトや口コミから読む絵本を選んでいる方が多いです。

 

これは、子どもの世界を広げるためには良い方法ですね(^^)

 

子どもの世界を広げるには、

すでにいろんな世界を知っている大人が、

たくさんの種類の絵本を読んであげることが大切ですから☆

 

だけど、残念ながら1つ足りません!!

 

大人が良いと思う絵本と、

子どもが読んでほしい絵本は違います!

 

例えば、本屋さんで子どもが選んできた絵本を見て、

「えぇ~それが良いの・・・」と思った方も多いはず。

 

子どもにも好みがあるので、

大人が選んだ絵本ばかりでは楽しくない可能性があります。

 

しかし、子どもが選んだ絵本ばかり読んであげると、

子どもは大満足ですが世界を広げることはできません。

 

そうすると、絵本を使って子どもの好きなこと、

将来やりたいことを見つけてあげられません。

 

では、どうすれば良いのか?

 

両方すれば良いのです ♪

 

子どもが好きな絵本と、大人が読んであげたい絵本の

両方を選んで読み聞かせしてあげます。

 

だたし、コツがあります!

 

子どもが好きな絵本と、大人が読んであげたい絵本を

2対1の割合で選んであげることです。

 

人間関係はギブアンドテイク、それは親子も変わりません。

さらに、ギブアンドテイクには「2対1」の法則があります。

 

想像してみてください。

2回も与えてもらった相手のお願い事は断りづらいですよね(笑)

 

子どもから見れば大好きな親のお願いですから、さらに効果を発揮します。

 

ですので、私の講座の生徒さんには、

子どもの選んだ絵本2冊に対して、

大人が読んであげたい絵本1冊と教えています。

 

これを毎日15分積み重ねると、

将来が楽しみな大人になりますよ♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です