デンマーク教育で一番大切なこと♡

教育先進国デンマークに学んだこと①

こんばんは!

読書講師の島袋たえです(^^)

 

教育の先進国と私が考えているデンマーク。

そのデンマークの教育を学んできましたので、

皆さんにもシェアしますね。

 

一度に書くと読むのが大変なので、連載形式にしたいと思います。

もちろん、BOOKコミュニケーションにも通じる内容です(^^)

 

教えてくれたのは、

ニールセン 北村 朋子さん♡

 

デンマークでジャーナリストをされています。

政府関係者の現地コーディネートもされる情報通です!!

 

そんな朋子さんから学んだ、

デンマーク教育で一番大切なことをお伝えしますね。

 

 

それは・・・・

 

 

子どもと討論する時間をたくさん持つこと。

 

いきなりヘビー!!かもしれませんが、

何を話すにも全てここに繋がりますので(;^ω^)

 

デンマーク教育の基本は

「自分の考えを明確に持つこと」

 

そのために、分からない事は大人に聞くし、

周囲の意見を聞いて自分の考えを作り上げていきます。

 

だから、子どもと話す時間が長くなる!!

 

たまご1個についても、

高級ブランド鶏の玉子もあれば、

素材にこだわったオーガニックもあり、

安売りの玉子まで色々あります。

 

それらの中から、

将来的な健康と家計を考えてどれを買うべきか、

それぞれ考えて一緒に話し合います。

 

朋子さんいわく、

買い物ひとつなのに時間がかかる!

 

この地道な積み重ねが、

自分で考えて答えを見つける練習になります。

 

そう育てられた子は、自分の考えをしっかり持ち、

相手の考えも聞くことができる大人になりますよね☆

 

絵本選びもまさに同じです!

 

「あなたはどれが好きなの?」って聞いてみてください。

 

大好きなお母さんに聞かれたら、きっと喜んで話しますよ♡

そして、大切なひとりの意見として

「いいね!」と受け取ってあげてください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です