母の愛を見事に表現した名作

訳者はお好みに合わせてどうぞ

こんばんは!

BOOKコミュニケーションの島袋たえです(^^)

 

明後日は「母の日」ですね!

 

街の花屋さんには、色とりどりのカーネーションがならんで美しいです ♪

最近は青いカーネーションもあるのに驚きました!

 

今回は母の日にちなんで、

まるでお母さんの愛を表現したような名作をご紹介♡

 

おおきな木

 

ちいさな男の子が成長して、

おじいちゃんになるまでを温かく見守り続ける一本の木。

 

自分の全てを男の子に与える木と、それを受け取り続ける男の子・・・。

 

このやりとりを読み終えると、

まるで「母と子」のように見えて温かい気持ちになります(^^)

 

無償の愛に包まれて、

心がほっこりするの世界的名作絵本です♡

 

ちなみに、翻訳者が違う2種類が出版されています。

読み比べてみて、言葉の好みが合う方をお選びください。

 

おおきな木【ほんだ きんいちろう版】

作:シエル・シルヴァスタイン

訳:ほんだ きんいちろう

篠崎書林 1,107円+税

ISBN:9784784101481

出版日:1976/01/01

 

おおきな木【村上春樹 版】

作:シエル・シルヴァスタイン

訳:村上春樹

あすなろ書房 1,200円+税

ISBN:9784751525401

出版日:2010/09/02

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です